現代の音響ときのなかで独特の長所をもちまして、多くのマニアを引き寄せているのがヴィジュアル系バンドだ。連中の多くはレギュラー附箋ではなく、インディーズとして活動していることから、どうにも音響プランものの表種類には登場することがありません。ただし、バンドごとに全く異なる激しいパーソナリティーを持つヴィジュアル系バンドは、下手なレギュラーアーティストよりもキャパで勝ることも少なくありません。そんなヴィジュアル系バンドの中でこちらが近年ハマっているのは「メガマソ」だ。メガマソはヴォーカル・インザーギの伸びやかな高音って複雑で独特な曲調、もっと1回聴くだけでは十分に味わえない深遠な歌詞を武器にして掛かる3人組のバンドだ。とりわけ、ギターの涼平の女形の徹底ぶりは評価が高く、ムービーや音声だけ見ると「必ず淑女なのではないか」として仕舞うほどの高程度っぷりだ。女形がたいして多いヴィジュアル系バンドですが、主人ほど女装が出来る個々はほとんどいないでしょう。独特のイメージという涼平の女形の長所、気になったお客はメガマソのCDを聴いてください。今まで知らなかった素地に誘ってくれることでしょう。ミュゼ ひげ